ベラクルス州

ベラクルス港にはどこか祝祭的な雰囲気があります。多種多様なアトラクションの中でも、防波堤の散歩がおすすめです。午後のひと時にぜひどうぞ。ここにある水族館には、ラテンアメリカ最大の海水槽があり、メキシコ湾特有の海の生き物たちを観賞できます。最寄りのビーチは、防波堤の南にあるモカンボ(Mocambo)と、カルデル(Cardel)街道を北へ1時間行った場所にあるチャチャラカス(Chachalacas)です。

ガストロノミー

およそ500年前、エルナン・コルテスがメキシコ最初のスペイン植民都市、ラ・レアル・ビジャ・リカ・デ・ラ・サンタ・ヴェラ・クルス(la Real Villa Rica de la Santa Vera Cruz)をメキシコ湾岸に打ち立てて以来、2つの文化の融合が進み、料理にも大きな影響を与えました。さらに19世紀以降は諸外国の風習を取り入れたことや、スペインとアフリカの影響もあり、食文化はいっそう豊かなものとなりました。

ロス・トクストラス地域 (Los Tuxtlas)
このエリアではユカ(yuca)を使ったチルパチョレ(chilpachole)、豆のパパジャネス(los papayanes de frijol )のパンとピロンシヨ(piloncillo)添え、カタツムリ、葉に包んだイグアナなどが名物です。

ソタヴェント(Sotavento)
この地方で必ずお試しいただきたいのは、スープと魚介類で作る米料理のアロス・ア・ラ・トゥンバーダ(el arroz a la tumbada)、焼いたバナナ、魚のべラクルス風煮込み、カニを使ったチルパチョレ(chilpachole)です。

ウワステカ(Huasteca)
海と山にはさまれたこのエリアでは、エビのウワタペス(huatapes de camarón)、サカウイル(zacahuiles、豚肉や鶏肉入りの大きめのタマレ)、ボコレス(bocoles)、エンチラダス・ウワステカス(enchiladas huastecas)、エンクレマダス(encremadas)、ヤシの芽のマリネ(palmito en escabeche)、鶏肉のアヒコミノ(ajicomino )、チラキレス(chilaquiles)を思い起こさせるエストゥルハダス・トクスペニャス(estrujadas tuxpeñas)が楽しめます。

ダウンタウン地区
アリの一種であるシカス(las sicas)やチカタナス(las chicatanas)のソース和え、イキミテ(iquimite)のつぼみを使ったガスパリトス(los gasparitos )(米または手作りトルティーヤが添えられます)、花と卵を使ったキエブラチャ(la quiebracha)、色々な肉のチレアトレス(chileatoles)、豆とパン生地のケリテス(los quelites)、スープかモレ・デ・シコ( el mole de Xico)に入ったテペヒロテス(los tepejilotes)が伝統的な料理です。

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。