チョルラ

プエブラ州

チョルラはアメリカ大陸で最も長い歴史をもつ都市と考えられています。そして建都以来、人の暮らしが途絶えたことはありません。アメリカ大陸で最古の修道院の一つ、コサン・ガブリエル修道院(Convento Franciscano de San Gabriel)がここにあります。そしてこの都市も修道院も、ポポカテペトル火山(volcán Popocatépetl)の麓にあり、まるで雪に覆われたこの巨人に迫るかのようなたたずまいです。また、16世紀にスペイン人によって建てられた、タイル張りのドームがついた救済の聖母の聖所(Santuario de Nuestra Señora de los Remedios)も見逃せません。考古学遺跡というよりは、小高い丘のような大ピラミッド(Gran Pirámide)の上に建っており、長い歴史を感じさせます。このプエブロ・マヒコを訪問すれば、大ピラミッド(Gran Pirámide)を探索し、迷路のようなトンネルや外部道路を散策できます。市場の通りは、16世紀の技術を現代のデザインに適用し丁寧に作られた上質なタラベラの明るい青色が目を引きます。プエブロ・マヒコ、チョルラで唯一無二の体験を。

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。