サン・セバスティアン・デル・オエステ(San Sebastián del Oeste)

ハリスコ

植民地時代に最盛期を誇った鉱山の町、サン・セバスチャン・デル・オエステ(San Sebastián del Oeste)を訪れれば、過去にタイムとラベルしたかのよう。植民地時代の教会、農場、そして鉱山は時の経過に耐えています。これらの建築物や洞窟がさまざまなことを語りかけます。鉱山の閉鎖後、大勢の人々が他の地域へ移りましたが、残った住民は富を守り、町の歴史が失われないよう努力してきました。周辺は果樹や松、トキワガシが生い茂っています。日の出があたりの霧を晴らすと、木々の枝も照らされ、古い家屋や農場、瓦屋根が輝き始めます。セロ・デ・ラ・ブファ丘(Cerro de la Bufa)からのバイーア・デ・バンデラス(Bahía de Banderas)の眺めも印象的。プエブロ・マヒコ、サンセバスチャン・デル・オエステで唯一無二の体験を。

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。