ハルパ・デ・カノバス(Jalpa de Cánovas)

グアナファト

カリンの香りに包まれるハルパ・デ・カバノス(Jalpa de Cánovas)。赤レンガ造りの美しいテンプロ・デル・セニョル・デ・ラ・ミセリコルディア教会(Templo del Señor de la Misericordia)、古い納屋、ティエンダ・デ・ラーヤ(Tienda de Raya)、カサ・デル・アドミニストラドール(Casa del Administrador)、そしてサントゥアリオ・デ・グアダルーペ小教会(Santuario de Guadalupe)が町の過去を語ります。サントゥアリオ・デ・グアダルーペ(Santuario de Guadalupe)は昔の農場の作業員が通い、現在は住民が祈りを捧げる場所です。19世紀にできたアシエンダ・デ・ハルパ農場(Hacienda de Jalpa)はミュージアムとなっており、ムセオ・ルイス・カブレーラ博物館(Museo Luis Cabrera)ではハルパ(Jalpa)では多くの歴史的資料を閲覧できるでしょう。クルミの木と麦畑に囲まれながら、鳥のさえずりと木々の葉を揺らす風が聞こえます。プエブロ・マヒコ、ハルパ・デ・カノバスで唯一無二の体験を。

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。