サンタ・マリア・デル・オロ(Santa María del Oro)

ドゥランゴ

エル・オロ(El Oro)としても知られているサンタ・マリア・デル・オロ(Santa María del Oro)は、17世紀に鉱山の町として発展しました。また、のちに主要産業となった川の砂金の採集も始まりました。現在でも、カラフルな街路を歩けば、金の採集に関する昔話を聞くことができるでしょう。かつての住民たちの暮らしぶりや、仕事で使われていた道具、そして、北のアパッチ族(Apache)による攻撃の様子なども聞くことができるかもしれません。

近隣のアクティビティ

もっと読み込む

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。