旧レンセーロ大農園を訪問します。

ハラパ(Xalapa) , ベラクルス州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

José Francisco del Valle

旧レンセ−ロ大農園は、5世紀以上にわたる歴史を有しています。ハラパの街からほど近いエミリア−ノ・サパタ(Emiliano Zapata)町に位置し、重要な文化遺産の宝庫として知られています。この貴重な大農園の名は、エルナン・コルテスに仕えた兵士の一人でここの初代所有者であったフアン・レンセ−ロに由来しています。まず、5世紀以上の歴史を誇る立派なイチジクの木に注目しましょう。大きな庭園を散策し、カサ・デ・ラス・モンハス(修道女の家)に立ち寄ります。ここにはマザー・テレサに帰依する女性たちが住み、周辺に住む子どもたちに宗教教育を施す重要な役割を担いました。アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ(Antonio López de Santa Ana)の愛と権力の物語に触れましょう。ロペス・デ・サンタアナはこの大農園を買い取り、作戦本部や邸宅、別荘として使用しました。しかし1856年にはイグナシオ・コモンフォート(Ignacio Comonfort)がこの場所に攻め入り、ロペス・デ・サンタアナをここから追い出してしまいます。1981年に大農園の土地はルルデス・オルティス修道院に売却されました。過去を体感しながら、旧レンセ−ロ・アシエンダの内部へと進みましょう。ここはドン・ホセ・デ・イトゥリガライなどの歴史的人物が一夜を過ごし、ガブリエラ・ミストラル、ロサリオ・カステジャーノス、エマ・ゴドイといった女性詩人・ライターらが執筆のための拠点として使用しました。この歴史的遺産を通じて現在を再考してみましょう。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。