スペイン征服以前の芸術的創造の中心として栄えたカカシュトラ遺跡を訪れます。

トラスカラ(Tlaxcala) , トラスカラ州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

カカシュトラの地名は先住民の言語で「地上で雨が息絶えるところ」を意味しますが、より日常的にはカカシュティル(籠、バスケット)に因むと言われています。この遺跡は一見の価値ありです。トラスカラ州を訪問するよい理由になるでしょう。古代壁画を眺めながら時間を巻き戻します。

この遺跡では精緻に構築され補強されたグレート・ベースメント(Gran Basamento)と呼ばれる遺構に注目しましょう。ここではきわめて洗練度の高い「月の寺院」、「赤い寺院」、「戦場とポルティコの壁画」を見ることが出来ます。グレート・ベースメントの中心部分は約10,000m2の大きな屋根で覆われており、貴重な壁画を保護しています。これらの壁画の保存状態は良好で、カオリナイト、黒曜石、石灰石など周辺で採取される鉱石を使って彩色されています。敷地内にある博物館に立ち寄り理解を深めます。

遺跡併設の博物館では、スペイン征服以前(紀元600−900年)の要塞としてのカカシュトラ遺跡の魅力に触れましょう。カカシュトラはオルメカ=シカランカ文化の重要な拠点となり、人々はここで現在のトラスカラ州南部やプエブラ州の一部を管理していました。素敵な展示を楽しみましょう。過去の人類や戦争の場面、ジャガーマンや鳥男、湖沼や水中に棲む動物のイメージなど、スペイン征服以前の造形表現を存分に楽しむことができます。またこれらのイメージからはメキシコ中央高原におけるマヤ文明の影響をも学ぶことが出来ます。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。