闘牛用の雄牛を飼育する現場を見学します。

トラスコ(Tlaxco) , トラスカラ州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

ganaderia rancho seco

メキシコにおける闘牛の歴史は、1524年にスペイン人たちが最初の闘牛向け雄牛を連れてきたことに始まります。闘牛では、混じりあう芸術性や色彩、味わい、嗅覚、音楽、そして熱狂が感覚器官を満たします。トラスコのアシエンダにおける闘牛用の牛を飼育は、ひとつの伝統であり生活様式だと言えるでしょう。馬に乗ってのどかな景色を散策しましょう

馬に乗り、広大な手つかずの自然を散策し、これら美しい雄牛たちが、アオサギ、アナグマ、その他の動物とバランスを保ち共生しているさまを理解します。牛囲いと彼らの住処を訪問してみましょう

牛囲いを訪ねます。成牛、子牛、大きな種牛、いろいろな二歳牛の群、それよりさらに若い牛、ステア、闘牛への出場が決まっているグループなど、さまざまな牛たちに出会います。出生から闘牛に出されるまで、一匹の雄牛が育つプロセスが分かります。この魅力的な動物の生育、選別、管理について学んでみましょう。子牛選別試験場や、馬、去勢された肉用牛たちの住処を訪れます。ラ・カサグランデ牧場を観光します

牧場のメインエリアには、私設ミュージアムや事務所、かつての従業員用商店、よく整備されたキッチン、食堂などがあります。ここでジューシーな料理を楽しむことが出来ます。闘牛パフォーマンスを楽しみましょう

「アパルタード」「エラデーロ」「テンタデーロ」など、厳粛かつ祝祭ムードのパフォーマンスを楽しみます。これらのイベントでは牧場主が闘牛士やマレティージャ(見習い生)らと共同で、牝牛たちの勇敢さを試し、将来的に屈強な闘牛を生むのにふさわしい牝牛を選出します。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。