コサラを散策します。伝統、色彩と幽霊

コサラ , シナロア州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

"コサラは色彩の町で、メキシコ独立運動の時代に北西部で最も繁栄していた、鉱山のあるプエブロ・マヒコ(魔法の村)です。散策しながら歴史を旅する

この村では、メキシコの特徴的な文化である、先住民文化と植民地文化の入り混じった混血性を目の当たりにすることでしょう。過去の世界へと飛び込みます。道路や歩道の形や幅といった町の外観が鉱山の最盛期から変わっていないことが分かるでしょう。建物の外観と内装を見ると、その約90%が当時の状態を保ち、当時のままの状態を保つための補修が施されているのを見ることができます。聖ウルスラ教会(TEMPLO DE SANTA ÚRSULA)へ訪問 この教会は17世紀に建てられ、美しい石細工の祭壇があります。植民地時代には、この教会から当時の町の有力者たちの家までトンネルが通じていました。コサラの建築物

伝統的な建築で特徴的な中心地区のキオスク、そのほかの歴史的モニュメントを見て回ります。近くの売店では、魚介類を味わったり、ジュースやお菓子を楽しんだりすることもできます。1600年から1700年の間に日干しレンガと天然石で建築された、この地域最古の建築物である聖母グアダルーペ礼拝堂( la Capilla de Guadalupe)まで行きましょう。最高の栄華を誇った当時の面影を湛えるキンタミネラ(La Quinta Minera)ホテルの優雅なたたずまいを観賞しましょう。馬具の工房を見学し、この土地で最良の民芸品がどのように作られていくのかを見てみてください。言い伝えでは、プエブロ・マヒコ(魔法の村)の隅々には幽霊たちが隠れていると言われており、ここも例外ではありません。"

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。