サン・ルイス・ポトシ(San Luis Potosí)の混合建築様式を見学

サン・ルイス・ポトシー(San Luis Potosí) , サン・ルイス・ポトシ州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

Obedms

17世紀にメキシコ北部で最も重要だった郊外の中心地では、16世紀末期にサン・ペドロ(San Pedro)で見つかった銀や金の鉱脈のおかげで、植民地時代の様子、バロック様式の邸宅やメキシコ風の教会を見ることが出来ます。平和の劇場(TEATRO DE LA PAZ)観光で、サン・ルイス・ポトシ(San Luis Potosí)の探索の旅を始めませんか。平和の劇場(TEATRO DE LA PAZ)はまるで小宮殿です。その前では採石場の太く大きいピンクの円柱を見上げましょう。この柱は古代ローマの建築を彷彿とさせる19世紀特有の形状です。ドームはポルフィリアート(Porfiriato)時代に、パリ(París)からもたらされました。100年以上前は刑務所でしたが、今日ではメキシコで最も重要な文化の中心地の一つとなっています。国立マスク博物館(Museo Nacional de la Máscara)では、アイスクリームなどのスナックを持って充電しながら、また時間に余裕を持って見学しましょう。ここにはメキシコやアジアからもたらされた、1300以上もの仮面や踊りの衣装が保存されています。プラサ・デル・カルメン(Plaza del Carmen)に建てられたこの大邸宅は、常に様々な政府機関に使用されてきました。あまりに大きいため、現在では博物館は様々な部署に分けられています。ヒスパニック時代前の仮面、植民地時代の仮面や他国からもたらされた仮面に分かれています。様々な材料を使って加工された仮面も奉納されています。動物、悪魔、聖人、征服者、天使といくつかの架空の生き物の仮面を見ると、古代の地へ心が飛んで行くような感覚になるでしょう。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。