トゥラトゥラウキテペクに魅了されます。

トゥラトゥラウキテペック(Tlatlauquitepec) , プエブラ州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

Wikimedia,Jaime Flores

プエブロ・マヒコであるトゥラトゥラウキテペック。その名はナワトル語で赤い丘、赤みがかった丘等を意味します。かつて少数のオルメカ系住民が住み、のちにトルテカ族、そしてアステカ帝国の拡張期にはチチメカ人たちがやってきます。アーケードのあいだを歩きます。

綺麗に整備された通りを歩きましょう。地面は赤みがかっており、道沿いの建物はヌエバ・エスパーニャ様式です。椰子や松の木が太陽と日陰のコントラストを描く中央広場に到着です。大きなアーチと窓のある、赤みがかった石造のアーケードを散歩しましょう。市庁舎を訪問します。1800年に完成し、この地で最初の病院として使われたこともあります。いろいろな教会を訪れます。

旧フランシスコ会サンタ・マリア・デ・アスンシオン修道院に行ってみましょう。寄棟屋根と粘土瓦が特徴的なこの建物は、1531年に完成しました。中に入り、イスラム様式の影響が濃厚な装飾やヨーロッパから運び込まれた立派なオルガンを見て回ります。次にイエス聖心教会に向かいましょう。この教会は1955年に火災に見舞われました。屋根部分が火災に遭い、その後カマボコ状のドーム天井に改修された歴史について学びます。ウアストラ聖人を祀る教会に入って行きましょう。この教会は1822年に完成し、内部にはキリストの磔刑を模した美しい彫像があります。付近の集落に住む人々の多くはこの像を崇拝し、毎日のように願掛けや感謝を伝えるため教会を訪れます。民芸品や料理を楽しんで日々を過ごしましょう。

散策しながら地元のお土産品を売る店に入ってみましょう。これらの店では蝋燭やソンブレロ、椰子の葉で織った籠、木製のおもちゃや、刺繍入り羊毛のショールなどが手に入ります。雄大なカベソンの丘を望むレストランに入り、郷土料理のじゃがいも詰めトラコヨス(じゃがいもを包んだトルティージャに具材を載せた料理)や、いんげん豆、そら豆、きのこのモレ(チョコレートや唐辛子を使ったソース)、それから燻製肉などを賞味しましょう。デザートにはかぼちゃの黒砂糖煮とこの地域名産のお酒を注文しましょう。:お酒には イチジク、シェリー酒、アニス、パッションフルーツ、グアバやカプリン(メキシコ特有の木の実)など味のバラエティがあります。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。