クエルナバカでのを散策しましょ

クエルナバ , モレロス州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

William Neuheisel

別名「永遠の春の街」として知られるこの町は、そびえる山に挟まれ、一年中、まるでお祭りのような鮮やかな緑、赤、黄色や オレンジで身を包んで、お客様を歓迎しています。

建築物に注目してみましょう
「プラサ・デ・アルマス(Plaza de Armas)」の黒いプレートに沿って散策しながら探検を始めましょう。そこでは、ネオ・スペイン建築時代の荘大な建造物であるコルテス宮殿に感銘を受けるに違いありません。それが、現在のカウナワック(Cauhnáhuac)博物館で、この地域の歴史をスペイン征服以前の時代から革命に至るまで辿らせてくれるでしょう。博物館で必見なのはディエゴ・リベラの壁画、「モレロスの歴史:
征服と革命(Historia de Morelos: Conquista y Revoluciona)」です。そこから数ブロック、大聖堂に向かって歩いてください。16世紀に建てられた聖母の被昇天を映し出すの修道院の壁は、メキシコの歴史を思わせ、感動を誘います。その内壁の一つでは、極東におけるペストの流行時に助けを提供するために日本に向けて海の横断を成し遂げた、フランシスコ会の古代の偉業の再現を見ることができます。絵画には、修道士の意図が誤解されて死刑にされたことが示されています。
北出口に向かうなら、バロック様式の装飾品やチュリゲレスケ(Churrigueresque)の祭壇画のある、聖フランシスコによる3つ目の寺院を忘れずにご覧ください。

鮮やかな色を感じてみましょう
大聖堂の裏、ネサワルコヨトル(Nezahualcóyotl)通り4番地に、クエルナバカで最も良い状態で保存されている文化財の一つ、ブラディ博物館があります。この施設は、アメリカ人コレクター、ロバート・ブラディの旧宅です。彼は、1961年に不動産を購入し、世界各地から集めた絵画、彫刻、版画や工芸品1300点以上のコレクションで家を飾ったのです。そこに出向いて鑑賞することができる貴重な芸術品の中には、ルフィーノ・タマヨ、フリーダ・カーロ、ディエゴ・リベラ、マリア・イスキエルド、ミゲル・コバルビアス、フランシスコ・トレド、ホセ・グアダルーペ・ポサダ等の著名なメキシコ人のアーティストによる作品が多数展示されています。ガストロノミーをお楽しみください。先コロンブス期の味を試食してみてください。手作りのトルティーヤとモルカヘテアダス(molcajeteadas)ソースに舌鼓を打ちましょう。祖母から受け継いだスープは、新世代のシェフが魔法のハーブを加えることで、斬新でエネルギッシュなものになるのです。肉のモレ・ベルデ・デ・ペピタ、魚のミショテス、タマル、ヤギや羊のバーベキュー、クレモレ、チーズのセシーナ、鳩の一種ウイロータスのエスカベッシュ、ケサディーヤ、骨髄のトースト、イェカピストラのセシーナ、豆のトラコヨス、フミレスとして知られている昆虫などの伝統料理のいくつかを試してみてください。

庭園を鑑賞してみましょう
一日の終わりには、エッフェル塔の創作者、建築家である、ギュスターヴ・エッフェルによって設計された「フアレス庭園(Jardín Juárez)」で終えましょう。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。