鉱山の町アンガンゲオを歩く

アンガンゲオ , ミチョアカン州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

アンガンゲオは標高の高い緑豊かな山岳地帯に位置し、その文化と自然的景観からプエブロ・マヒコ(魔法の村)の称号を与えられました。アンガンゲオの鉱山は1792年に操業開始。メキシコの主要鉱山のひとつとなりました。豊富な金、銀、銅そして鉛資源が産出し、この地域の発展を支えました。アンガンゲオ鉱山は1792年に創業、メキシコ国内の主要鉱山のひとつとなりました。豊富な金、銀、銅そして鉛資源でこの地域は発展を遂げました。そのまま足を進めて処女降誕教会(Templo de la Inmaculada Concepción)を見学しましょう。19世紀に遡るネオゴシック・スタイルの建築です。それから聖シモン・セラドール教会(Parroquia de san Simón Celador)も訪ねてみましょう。こちらはネオゴシックおよびネオクラシック・スタイルの特徴をあわせ持った建築です。中央広場で美味しいアイスを食べたら、芸術家ホルヘ・テジェス制作の壁画を目指して歩きましょう。この作品にはアンガンゲオの歴史が描かれています。クルス・デ・イエロ展望台

クルス・デ・イエロ展望台へと道を登り街を見渡せば、アンガンゲオは印象派の絵画作品のように美しい場所だということがわかります。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。