タカンバロ(Tacámbaro)の雄大な文化や手工芸に驚嘆されるでしょう。

タカンバロ(Tacámbaro) , ミチョアカン州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

アマリア・ソロルツァーノ文化センター( CENTRO CULTURAL AMALIA SOLÓRZANO)で著名な人物 アマリア・ソロルツァーノ文化センター( CENTRO CULTURAL AMALIA SOLÓRZANO)訪問し、文化と芸術に捧げられた空間を見てください。出て辺りを見渡すと、この場所のすぐ近くに、≪さようならマリキータリンダ≫(«Adiós Mariquita Linda»)という歌詞の一節を捧げた有名な作曲家、マルコ・アントニオ・ヒメネス(Marco A. Jiménez)のインスピレーションの源だった女性マルキータの家(Casa de Mariquita)の家を訪れてみましょう。ミチョアカン(MICHOACÁN)の道を散策

ブルマロ・ベルムデス(Bulmaro Bermúdez)はカミーニョス・デ・ミチョアカン(Caminos de Michoacán)という歌の作者だったと知ります。この構成は、ミチョアカン(Michoacán )の美しい集落と、ある男性が何処にいるかわからない愛する人を探しに行き、タカンバロ(Tacámbaro)のペデルナレス(Pedernales)で会うという寓話から着想を得ています。「ピト・ペレスの無駄な人生(原題:LA VIDA INÚTIL DE PITO PÉREZ)」の作家を知る

この地に風刺文学小説の作家として知られているホセ・ルベン・ロメロ(José Rubén Romero)が住んでいたことを知って驚かれることでしょう。その著書、ピト・ペレスの無駄な人生(LA VIDA INÚTIL DE PITO PÉREZ)は、読者が座って読むのですが、タカンバロ(Tacambaro)のベンチで読むのが一番良いのです。タカンバロ(Tacámbaro)は、どのようにしてメキシコの芸術と文化的兆候を持つ多様な人間性を生み出したのかを学びます。タカンバロの手工芸品を入手

午後に、プラスエラ・デル・サント・ニーニョ(Plazuela del Santo Niño)にある職人の家を訪問し、タカンバロ(Tacámbaro)のお土産を買いましょう。特有の手工芸品は、ウイヌム(huinumu)で、それはマツの葉を用いて、かご、花瓶、バッグ、トルティーヤや果物の販売人のデザインで作られています。さらに、素敵な織物や刺繍や張り子で作られた手工芸品を見て驚くでしょう。この全てのユニークなデザインがどれだけ手の込んだ、伝統を守る手工芸品で、どのように地元の人の生活と経済に潤滑油となっているのかをご覧ください。


인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。