モレリアの街を体験

モレリア , ミチョアカン州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

ピンクの石の街として知られるモレリアには、多くのバロック様式や新古典派の記念碑があります。モレリアの歴史的中心部を散策する 

ユネスコの人類世界遺産に認定されている街の広場、記念碑、寺院、邸宅、博物館、公園、路地を歩いてみましょう。1549年に建築が始まった、全長約1,700m、220以上のアーチがある水道があります。ピンクの石でできた、美しい形の大聖堂を正面から見てください。中に入り祭壇画、バロック形式の演壇、硬い銀の洗礼柱を御覧ください。トウモロコシのサトウキビのペーストで作られた、16世紀の聖なる主と、4,600人の声やフルートとともに演奏する記念碑的なオルガンを見てください。芸術と歴史を味わう 

文化センター、旧カルメン(Carmen)修道院、ミチョアカン(Michoacan)地方博物館に改装されたクラビヘーロ(Clavijero)宮殿を訪れてみませんか。博物館は、地方と現代美術と副総統時代の芸術の歴史に焦点を当てています。これらは、モレリアにある幅広い文化的内容のごく一部です。見ものを再現する 

土曜日の午後に、色とメロディーで昔の王室通りを垣間見れる光と音響観劇で、あなたの感覚を揺り起こしてください。 

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。