モナルカ蝶生態圏保護区

アンガンゲオ , ミチョアカン州

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

モナルカ蝶生物圏保護区は2008年、ユネスコにより世界遺産に認定されました。国際的な意義を持つ人類の遺産として認定されたのです。アンガンゲオで、それぞれ年齢が異なるモナルカ蝶がグループをつくり一緒に旅をする様子を観察します。モナルカ蝶は極寒の地を飛び立ち、繁殖するためにメキシコまでやって来ます。早起きしてシエラ・チンクアモナルカ蝶保護促進センターを訪問しましょう。見ごろは11月から3月まで。一時間も歩くと松とモミの木に囲まれた保護区に到着します。地元のガイドにお願いして、蝶を観察できる静かな場所まで案内してもらいましょう。アメリカ北西部やカナダからメキシコへ、越冬のためおよそ4500キロを移動してきた数百万匹の蝶が観察できます。よく見える場所まで来たら、飛び回る蝶をじっくりと観察します。モナルカ蝶の寿命は約9ヶ月。ウロコのような豊かで美しい羽根に感動します。これらの蝶は森の生態系の大切な一部なのです。蝶の求愛行動を観察しましょう。あっという間の素早い動きで繁殖の儀式を行います。蝶が空いっぱいに飛び回り、次々と位置を移動しながらカラフルで壮大なダンスをする様子は、忘れられない思い出になるでしょう。蝶の観察が終わったら、馬や自転車で森の中を回りながら村へ戻ります。その後食事を楽しみ、地元の職人技による色とりどりの民芸品を選びましょう。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。