湖の真ん中にある小島の上に建てられたメキシコシティは、網の目のように走る運河と人工の島が組み合わさって発展。マヨール教会もそこに建設されました。スペイン人統治者が、その上にメトロポリタン大聖堂を建設。そのためそれ以前の記憶と先コロンブス期の聖堂は数世紀に渡り忘れさられてしまいました。1970年代の終わりに電力会社の社員が偶然この建築の一部を発見。考古学者により失われた聖堂だと明らかにされました。幸運なことに、現在は発掘された部分が良い状態で保存されています。軍神ウィツィロポチトリ、そして雨の神トラロックを祀る部分を見学しましょう。聖堂内には、祭壇、石彫りのヘビ、そして骸骨の彫刻で埋め尽くされた壁ツォンパントリがあります。これはアステカには死者崇拝があったためで、この伝統は現在のメキシコ文化にも受け継がれています。詳しい情報はマヨール教会にて。 

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。