メキシコ国立人類学博物館 は「記憶」の宝庫です。

メキシコシティ , メキシコシティ

レフォルマ通りには、民族や人種のモザイクである現代メキシコ国家とその歴史的起源の見取り図、メキシコ国立人類学博物館 があります。中庭に出ると巨大な屋根に覆われた中庭にまず目を奪われるでしょう。この屋根は神話上の木を象徴しており、ワシとジャガーが彫られています。これらはどれもメソアメリカ文明の重要なシンボルでした。博物館にはテーマごとに23の展示室があります。ひとつの部屋は初期の遊牧民族について、他はオルメカ文化についてという具合です。庭にはチアパス、オアハカ、ユカタンの遺跡で発見された有名な石碑や彫刻のレプリカがあります。「アステカ・カレンダー」として知られるラ・ピエドラ・デ・ソルを鑑賞しましょう。これは15世紀に遡る、25トンもある巨大な一枚岩の彫刻です。ここには8世紀のマヤ人墓地の復元もありますし、モクテスマの羽根飾りの複製品もあります。詳しい情報は、メキシコ国立人類学博物館にて。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。