多くを求める観客のための場所

ラゴス・デ・モレノ(Lagos de Moreno) , ハリスコ

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

(vacio)

19世紀後半のフランス風のネオ・クラシック(neoclásico)様式のホセ・ローサス・モレノ(José Rosas Moreno)の劇場は、名高いメキシコの寓話作家で、幼少期の詩人と呼ばれている人物の名前がつけられています。中では、ドアとアール・ヌーボー(art nouveau)式の街路灯に、細かい鍛冶の細工が際立ちます。現在では、演劇、オペラ、音楽、バラエティー・ショー、ショー、講演、会議、政府の報告会、学校行事がそこで行われます。洗練された雰囲気を楽しみましょう

 鍛冶の扉が通りを見下ろす、明るく照らされたロビーに入りましょう。優雅で美しいアートを楽しめる聖堂をどうぞご覧ください。劇場は円形の建物で、ボックス席は赤の色調のメイン・ステージを囲みます。劇場が始まると手すりと木製の座席のコントラストが目立ってきます。中央にはその空間に吊るされた壁の絵を照らすランプが置かれています。座席から素晴らしい音響を聞きましょう

音響が空間から隅々までを満たし鳴り響くのを感じてみてください。国の中でより優れた劇場とされている、この劇場のステージ全体の美しさをご覧ください。街の劇場で素晴らしい芸術の最高の時をお楽しみください。


인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。