ユリリアでメキシコの「へそ」を歩きます。

ユリリア(Yuriria) , グアナファト

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

ユリリアにはアメリカ大陸における歴史上初の河川構造物とされるラグーンがあります。このラグーンはスペイン植民地時代に完成しました。ラグーンはレルマ川の水流をコントロールし、この地方の土地や作物を灌漑する目的で建設されました。ラグーンに行ってみましょう

ユリリアのラグーンを目指して朝の散歩に出かけましょう。ユリリアの名は、先住民族プレペチャの言語で、血の湖(yuririapúndaro)を意味します。伝説によれば、この場所では先住民による宗教的な人身御供が行われ、犠牲となった人々の血はすべてこの地の小さな湖に注がれていたということです。生態系保護エリアに足を踏み入れましょう。このエリアは渡り鳥たちの一時的な生息地、または休憩や餌を得る場所として重要な役割を果たしています。これらの鳥は毎年、メキシコの温暖な気候を求めてこの場所にやって来るのです。ボートに乗って澄んだ水の上を移動しながら、リラックスしましょう。ラグーンを取り囲む印象的な生物の多様性を観察します。サン・ペドロ島まで行ってみましょう

ラグーンの真ん中にはサン・ペドロ島が浮かんでいます。現在、島は橋で本土と結ばれ、陸路で到達することが可能です。しかしやはり魅力的なのは、ボートに乗って遊覧しながら島を目指すことでしょう。島に着いたらニエベス神父の礼拝堂を目指しましょう。一日を使いゆっくりと釣りや、公設のパラパ(藁葺屋根ついた休憩所)でバーベキューをします。食事の後はウォーキングを続けるか、馬に乗って水辺を散策しましょう。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。