バトピラス:バランカス・デル・コブレに横たわるかつての鉱山町

バトピラス , チワワ

  • LGBT

  • バックパック

  • おなじみの

  • パレハ

2012年以来プエブロ・マヒコ(魔法の村)に指定されているバトピラスにはかつてスペイン人、イギリス人、メキシコ人探検家により、大いなる富がもたらされました。

中心街の美しいキオスクから、1880年、銀埋蔵量が世界一だった時代を思い浮かべてみましょう。豪華な旧リバーサイド・ロッジ・ホテルやカサ・デ・ラヤ、そしてマヌエル・ゴメス・モリン邸を眺めれば、当時の活気を感じることができるでしょう。鉱山の歴史を辿る。1708年、スペイン人ホセ・デ・ラ・クルスが銀鉱脈を発見して以来、この街がいかにして経済発展の拠点なったかを学びましょう。バトピラス採掘社の創業者、アメリカ人アレキサンダー・シェパードの豪華な元邸宅で、廃墟となっているアシエンダ・デ・サン・ミゲルを見学しましょう。シェパードのおかげで、19世紀にこの街はシルバ・ルートの一部として名を馳せました。スピリットとの繋がりを感じる。3つのドームを持つサン・ミゲル教会、ラ・パトローナ・ビルヘン・デル・カルメン(La Patrona Virgen del Carmen )教会の立派な鐘楼も見学しましょう。タラウマラの思い出を持ち帰る。ソトルという名の植物で編んだバスケット「ワリ」、ポーチ、グラス、ドラム、バス、バイオリン、弓や木彫りの作品はどれも典型的なタラウマラ族の工芸品。これら作品のをお土産にしましょう。北部の特産品を試食。前菜にはフリホレス・マネアドス(frijoles maneados)のシチュー。リュウゼツランで作った発酵酒レチュギージャか、テスグイノ(tesgüino)を飲んでみましょう。イースターには、伝統行事ララムリス(Rarámuris)を体験しましょう。

인기있는 활동

プレイリストに従ってください

メキシコの音色を見て、リズムを通してわが国の最も美しいコーナーを旅してください。