ツール

カンペチェ

Ricardo Espinosa REO/CPTM
© 著者権所有

 

メキシコの南東に位置し、多様性溢れる自然と文化を併せ持つカンペチェ州は学習と探検の最良の目的地となる。

広大な海岸線は美しい水と緑豊かな植生に補完されたIsla del Carmen(イスラ・デル・カルメン)やIsla Aguada(イスラ・アグダ)の様な場所を持つ。

この州の道はマヤ文明の遺跡や16世紀から設立されたアシエンダ、歴史的な建築であるCatedral de Campeche(カンペチェの大聖堂)、la Mansión Carvajal(カルバハルの豪邸)、Palacio Municipal(市立宮殿)等に飾られ、首都であるSan Francisco de Campeche(サン・フランシスコ・デ・カンペチェ)はその城塞や要塞そして建築の美しさにより1999年UNESCOより世界遺産と宣言された街を訪問者は拝見出来る。

他に、Palizada(パリサダ)プエブロ・マヒコ、古代マヤ都市であるCalakmul(カラックムル)(UNESCOより世界遺産と宣言された)、Edzná(エヅナ)、Dzibilnacac(ヂブリナカック)などで州への訪問を補完できる。.

2月の主要イベントがカーニバルであるこの地を盛り上げる文化と伝統は住民と観光客を同じリズムで踊らせる。

風味溢れる食文化はこの地を訪れる理由ともなる。Champotón(チャンポトン)で作成されるアルマジロ、鹿、植物や魚介類のエキゾチックな料理は最も味覚に敏感な人をも喜ばせる。

博物館、公園、保護地域、ジャングルやマングローブ、サンゴ礁の海に沈没した船や未開拓の遺跡など豊かな自然と文化を求める観光者にカンペチェは総てを提供する。

 

気候      湿温から熱帯

気温       年中平均22℃

所在地     ユカタン半島

面積     5、6858平方キロメートル

首都      カンペチェ

 

関連画像

カンペチェ カンペチェでの食文化 カンペチェでの狩猟 カンペチェでの博物館と文化センター カンペチェでのショッピング カンペチェでのキャンピング カンペチェでの祭事と伝統 カンペチェでのスポーツ・エンタテイメント
メキシコ政府観光局著者権所有、テラにより供給 2011